2012年04月16日

催眠療法による不眠症への効果

夜眠れないのは、非常につらいですよね。

不眠で悩み、精神科や心療内科で睡眠薬を処方してもらっても、
なかなか悩みが解消されないという方もいらっしゃるでしょう。

また、夜寝られないことで、昼間眠くなってしまうという悪循環が起こります。
お仕事をされている方は、仕事中に眠くなり、ミスをしてしまうのではないか
という不安にかられます。

その不安がまたストレスとなり、大きな心の負担となっているケースも多いのです。

催眠療法は、不眠に対しても効果が期待出来ます。
不眠に対しては、セラピストが2つの方向からアプローチをしていきます。

1つは、セラピストがあなたの潜在意識に、「夜は良く眠れる」と
直接語りかける方法です。

そしてもう1つは、間接的に心をリラックスさせ、不眠を解消する方法です。

「あなたは今、とても広くて気持ちの良い草原に寝そべっていると想像して下さい。」

このような言葉に従うことにより、心身がリラックスした状態に向かいます。
その結果、質の良い睡眠が取れるようになっていくのです。









posted by ねむくな〜る at 17:39| 催眠療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。